メディオスターNeXTPROの長所

従来のクリニックで行われている医療レーザー脱毛は、メラニン色素に反応して高温のレーザーで毛包や毛乳頭にダメージを与える方法です。

 

当然痛みも強くなりますが、メディオスターNeXTPROなら毛根を包む毛包という部分に存在するバジル領域に熱を蓄えて刺激することで無駄毛の成長に影響を与える蓄熱式と呼ばれる方法ですので与える刺激の大きさには差があります。

 

蓄熱式は従来の方式のように高温にする必要がありませんので、痛みが少なくて肌へのダメージも小さい方法として注目されています。

 

バジル領域は無駄毛の生成を促す際に細胞を生み出す働きを持つ部分であり、この部分がしっかりと働くことで発毛因子が発生して毛母細胞が作られて、毛乳頭と呼ばれる部分から栄養を送りだすことで無駄毛が生えてくる仕組みです。

 

いわゆる司令塔のような役割を果たしているバジル領域に刺激を与えることで無駄毛の成長に影響を与える方法ですので、これまでのものとはかなり違います。

 

実際にどれくらいの差があるのかを見る際に分かりやすいのが温度です。

 

従来の医療レーザー脱毛では200度前後の熱を与えて肌の奥深くで効果を発揮しますので、痛くて我慢ができないという人も少なくありません。

 

黒い色素に反応する方法ですので、無駄毛以外の色素がついている部分はやけどによって肌を傷めてしまう可能性もあります。

 

メディオスターNeXTPROで与える温度は50〜70度とかなり熱量が小さくなっており、反応させているのはバジル領域ですので毛根部分までは届きません。

 

そのため、痛みがかなり軽減されていて、かなり楽になっています。

 

これまで脱毛できなかった日焼けした肌にも行える方法であり、ほくろやしみがあっても可能です。

 

アトピー肌や敏感肌でも安心して受けられるような内容となっていますので、これまで肌トラブルが心配で受けられなかったという人はメディオスターNeXTPROによる施術をおすすめします。

メディオスターNeXTPRO弱点もある

出力を押さえて照射するのでやはり、従来の脱毛機よりも、もう母細胞の破壊度はやはり弱いようです。

 

脱毛効果が実際に得られたと感じる人とそうでない人がいます。

 

また新しい理論に基づく脱毛方法なので、蓄熱式だけでヒゲ脱毛が完全にできるかどうかはわかりません。

 

ヒゲは毛根が深いところにありますし、強靱ですから、破壊し切れていないと、また生えてきます。

 

なのでクリニックによっても考え方が違い、導入していてもヒゲ脱毛では使わないとするところもあります。

 

またひげ脱毛に使っていても、抜けきらなかった髭のために、他の脱毛機、YAGレーザーなど、一番波長の長いレーザー脱毛機で対処するというところもあります。

 

痛みがとても強うヒゲ脱毛だけに、ヒゲが濃い人は、まずメディオスターNeXTPROで薄くしてからというノが一番良い方法ではないかと思います。

関連ページ

ヒゲ脱毛にかかる費用これだ
ヒゲの脱毛にかかるおおよその費用を脱毛方法別に解説した
ヒゲ脱毛Q&A
ヒゲ脱毛に関してどんな疑問を抱いているのが取り上げた見ました。また祖股のひげ脱毛、脱毛に関する情報の取得ができる際との情報などもまとめています。
髭剃り負けのケアにオロナインがいいって本当?
ヒゲ脱毛が完了するまでのヒゲ剃りはとても大切ヒゲ剃り負けをして肌が荒れたら脱毛できなくなります。