ヒゲ脱毛中はヒゲ剃り負けに注意

ヒゲ脱毛を始めたらそれまで以上に、ヒゲ剃り負けに注意する必要があります。

 

ヒゲ脱毛はすぐに終わるわけではなく、1年ぐらいはかかります。

 

少なくても半年ぐらいは、今まで通りに近いヒゲ剃りは行う必要があります。

 

ヒゲ剃り負けで肌が荒れた状態だと、レーザーも光も照射できずに、脱毛の施術を中断することにもなります。

 

とくに脱毛中は肌が弱るので、そこにヒゲ剃り負けも加わってしまうと、肌がとても酷い状態になりますので十分注意すべきです。

髭剃り負けのケアにオロナインがいいって本当?

髭剃りで肌荒れしてしまったら、化粧水でスキンケアを行うのが一般的です。剃る前に丁寧にスキンケアを行っておいて肌荒れを防ぐという方法もあります。

 

特に保湿作用を持つ化粧水は優れた作用を発揮し、バリア機能の弱まった肌を正常な状態に戻してくれますので、荒れている時には最適です。

 

他にも傷口によく塗っているようなオロナインが、実は剃刀負けのケアによく効きます。

 

オロナインはドラッグストアにも売っていますので気軽に入手できるものですが、配合されている成分は剃刀負けをした肌によく効くものが多く、実際に利用している人も大勢います。

 

効果がある理由の一つに殺菌作用があり、剃刀の刃で傷つけられた皮膚に菌が入るのを防ぐことが可能です。

 

出血するような大きな傷がない場合であっても、見えないくらいの小さな傷がたくさんあり、そこから菌が入ると炎症が起こって赤いブツブツができてしまいます。

 

しかし、クロルヘキシジングルコン酸塩液という成分が配合されているために殺菌することができ、皮膚の症状が悪化するのを防いでくれます。

 

止血作用があることもおすすめしたい理由です。ラウロマクロゴールや硫酸アルミニウムカリウムなどは止血に効果があり、硫酸アルミニウムカリウムはミョウバンの一種です。

 

止血以外にも肌を引き締める作用がありますので、コンディションが低下した肌にピッタリの内容となっています。

 

これらの働きにより、剃刀負けをしてしまった肌を効率良く改善することができます。

 

スキンケアをおこなったらかえって症状が悪化してしまったという人も多いのですが、オロナインなら肌に優しい成分ばかりですので安心です。

 

なるべくなら肌コンディションが整わない時には剃らない方が良いのですが、マナー上剃らないわけにはいかないケースもありますので、万が一荒れてしまったらオロナインを常備しておいて対処しましょう。傷が小さいうちに塗ればすぐに解消できますし、傷が目立たなくても塗っておくことで予防になります。

 

またヒゲ剃り跡のスキンケアは必ず行いましょう。

 

男性の場合、あれもこれもというのは時間もないことでしょうし、面倒だと思いますので、全部が入っているメンズオールインワンでスキンケアするのが時短にもなルのでおすすめです。

関連ページ

髭脱毛ではメディオスターNeXTPRO脱毛機が人気
男性のヒゲ脱毛でメディオスターNeXTPROという脱毛機が人気になっているのは、痛みが少ないからと言われています。ただし全く痛くないわけではありません。
ヒゲ脱毛にかかる費用これだ
ヒゲの脱毛にかかるおおよその費用を脱毛方法別に解説した
ヒゲ脱毛Q&A
ヒゲ脱毛に関してどんな疑問を抱いているのが取り上げた見ました。また祖股のひげ脱毛、脱毛に関する情報の取得ができる際との情報などもまとめています。