ヒゲ脱毛から始める美肌男子

もはやヒゲのワイルドさ男らしさは、時代遅れです。

 

肌のキレイな男性の方が好まれます。

 

女性受けだけでなく、同性も、毛深い男は不潔感を感じますし、爽やかには見られません。

 

男性自身でもヒゲ剃りの面倒くささや、そり跡の肌あれやヒリヒリ感に悩まされています。

 

肌のキレイな男になルにはスキンケアが大切ですが・・・

 

ヒゲ剃りを続けている限り、いくらスキンケアしたところで、毎日肌をいためつけることになり、改善は難しいです。

 

ですから、まずはヒゲ脱毛からスタートして、スキンケアをしていくことで、肌の美しい美肌男子になりましょう。

3つのヒゲ脱毛方法

ニードル脱毛

何十年も前からある脱毛方法で、脱毛効果が高く、ずっと使われてきた脱毛方法です。

 

今では針をイメージすることから、ニードルではなく、美容電気脱毛と呼ばれることが多くなりました。

 

プローブという細い金属棒を毛穴に挿入して、微弱な電流を流し、もう母細胞を破壊することで、脱毛し、以降も毛が生えてこなくする方法です。

 

1本づつ処理するため、手間がかかり料金が高くなり、また 痛みも強いので、今はあまり使われませんが、ヒゲのような強く太い毛には一番効果的なので、

 

現在でも一部の美容皮膚科や老舗のメンズエステで採用されています。

 

光脱毛(フラッシュ)

レーザーの様に一定方向にのみ進むものではなく、拡散する光をを用いて脱毛する方法です。

 

レーザーほどの破壊力はないので痛みは少ないですが、当然強靱な毛の脱毛には向かず、完全に脱毛するのは難しいので、ヒゲ脱毛向きではありません。

 

レーザー脱毛

光と違い、一定の方向にしか光が進まないのでより肌の奥深くにある毛根のみに集中させて照射し、毛母細胞を行っているため破壊して脱毛します。

 

とても痛くて、料金も高い医療脱毛になりますが、ヒゲ脱毛ではとても効果があります。

青ヒゲの解決方法はヒゲ脱毛だけ

青ヒゲは脱毛クリームや抑毛ローションを利用したとしても、根本的に問題を解決できるわけではありません。

 

そもそも脱毛クリームというのは、一般的に除毛クリームに分類されるものです。

 

市販で購入できるものは専門的な脱毛機器と異なって、体毛を溶かすことで脱毛処理を行っていきます。

 

除毛クリームはタンパク質を溶かす成分が存在しますので、生えている体毛を溶かして脱毛をするという仕組みになっているわけです。

 

しかし、除毛クリームは利用したとしても毛根が残ってしまいますので根本的に問題を解決できるわけではありません。

 

ヒゲはまた生えてきてしまいます。

 

同様のことが抑毛ローションにもいえます。

 

抑毛ローションの大半には女性ホルモンの働きが存在する成分が含まれています。

 

生え方そのものを抑えることによって体毛を薄くしようと考えているわけです。

 

ただ抑毛ローションというのは、除毛クリームと比較して即効性がなく継続的に利用していかないと効果を発揮できません。

 

青ヒゲの場合は他の体毛と異なって太く生えてくる傾向がありますので、この製品を利用したとしても問題を解決できる可能性が低いわけです。

 

さらに、根本的な問題として脱毛クリームというのはヒゲを対象に作られた製品ではないという点が挙げられます。

 

まれに脱毛クリームでヒゲ脱毛している人がいる話を聞きますが、

 

どの製品も顔に使うのはやめるように注意書きされていて、ヒゲ脱毛用の脱毛クリームなどみたことはありません。

 

実際に脱毛クリームを顔に利用した場合には肌荒れのリスクが伴うことになります。

 

場合によっては目に入ってしまう失明になってしまうリスクも存在しますので脱毛クレームの対象にもなりかねません。

 

顔は特に外部からの刺激に弱い性質がありますので、腕や足に利用する脱毛クリーム利用するとその刺激に耐えられない可能性が高いわけです。

 

どうしても青ヒゲを処理するための唯一の方法はヒゲ脱毛しかありませんし、青髯から解放されたかったら、ヒゲ脱毛するのが一番効果的です。